種類によって違うウォーターサーバーの賞味期限

今の時代たくさんの場所で目にするウォーターサーバーですが、一台あれば生活に欠かせないお水がいつでも確保をすることが出来て便利ですよね。
万が一の水不足にも一時的に対応出来ますし、毎朝の飲み水やお弁当作り、ウォーキングやジョギングのお供、ダイエットのサポーターなど様々なシーンで大活躍します。
もし自宅に導入をする場合、出来れば家族も合わせた人数分のボトルを注文して、無駄がないようにお水の確保をしましょう。
安いからと言って、毎月何本も注文してしまいたくなるのはわかりますが、賞味期限を考えながらいつでも新鮮な状態でストック出来るようにしておくのが大切です。
どのような成分のお水なのかによって、賞味期限はそれぞれ違います。
天然ミネラル水やRO水など、どちらも身体に良い成分ではありますが、純粋なRO水が一番期限は長いと言われています。
メーカーにもよりますが、だいたい長いところで開封後3ヶ月というところもあれば、短いところで二週間から三週間というところもあります。
どれくらいのサイクルで一本のボトルを消費するかにもよって、選び方は変わるかもしれませんね。
ウォーターサーバーに含まれていり成分や、賞味期限を参考にしてレンタルしましょう。